朝陽輝くヤード

早朝の人気ない倉庫のヤード。
晩秋の紫がかった朝陽が徐々に射し込み始めるヤードを眺めていると、さまざまな出来事や人々を思い出す。
倉庫業務は確かな毎日を実感させてくれる。
目の前にある品物を自らの手で取扱い、自身の脚で歩いて運ぶ。
荷受、検収、検品、棚入、ピッキング、出荷梱包、整理整頓。
一心不乱、という言葉以外に表現しようのない作業者達の横顔が脳裏を過る。