「情熱と冷徹」対岸の二人

倉庫内作業において、入荷がすべての始点でありその後の業務品質を左右する要所。
したがって入荷作業にはその企業の幾つかの本質が反映される。
なぜなら、入荷品がその後の企業収益を生み出す源となるからだ。
「利は元にあり」と仕入れた商品の確認と検分がその作業に委ねられる。
つまり、その第一関門こそ利益提供者である顧客への向き合い方の序章となるのだろう。