相談事例 Samples

物流リアル〈本気のQ&A〉

作業員の退職増加

(業種不開示SPA・人事統括)

自社倉庫は埼玉県東部にありますが、今夏以降退職者が続いております。

夏季の庫内環境は厳しいため、例年退職者や出勤調整者が出ていましたが、今回の退職者数は過去にない比率です。

募集はかけ続けていますが、現職者との兼ね合い、総人件費予算の上限もあり、近隣商業施設や工場・倉庫のような高額時給を提示することが難しい現状です。

他社の動向と対応策などの事例はありますか?

関東圏だけではなく、全国的に類似ケースが発生しております。
空調設備のある倉庫でも微増傾向ですが、空調導入できない倉庫では、初夏から9月前半にかけての退職者数が急増しました。
ご質問のとおり、時給額競争による人材確保は勝者ゼロの行く末しかありません。
他社の対応例などは以下のとおりです。

 

1)面接時に夏季・冬季の庫内環境と会社対応策(給水・休憩等)を正確に説明し、納得の上で入社してもらう。
2)早朝と夜間の業務シフトを導入し、それに応じられる人材を募集・採用する。
3)業務自体の見直しを行い、必要人員数の削減を行う。生産性の高いスタッフには昇給などで報いる。
4)夏季は可動型の冷風機、冬季は高品質防寒着を貸与し、対処的ながらも業務支援を行う。
5)庫内業務を外部委託する。(※派遣を含め最も多い選択肢ですが、外注先も同じ状況なので依存率は下げるべき)

 

他にもいくつかありますが、一言でいえば「手探り・手詰まり・手招き」という状況です。昨今の報道にもあるとおり、倉庫や運輸、製造現場のような現業からの労働力減少は深刻です。特に都市部での傾向は顕著です。
気象の変動と人口動態の推移は、現場といわれる事業所を抱える企業にとって、不可避の課題を提示しています。
全企業が答えを模索している。そんな状況が「今」であるというのが回答となります。
ロジ・ターミナルもこの問題については考察を続け、様々な情報を発信してゆきたいと考えております。

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム