物流よもやま話 Blog

  • ひとひねり・ひとくくり・ひとくふう

    カテゴリ: 経営

    東北・北海道で豪雨災害、という違和感だらけのニュースを気にしながらの一週間だった。
    北国で夏季に「連日の豪雨」なんて、耳慣れぬというより記憶に無い。
    豪雪には十分な経験と対処の術を持ち合わせている北国の各地域であっても、今回のような豪雨に対しての備えは乏しいのではないかと察する。清掃などの復旧作業に必要な機材と労働力の公的支援は火急であることなど書くまでもないだろう。

  • 泣く子と熱暑には勝てぬので

    カテゴリ: 余談

    今日は年休消化日とし、昨日から来週16日まで夏季休暇という会社が多い。
    私の世代ならつい「盆休み」と口にしてしまう8月中旬のまとまった連休だが、30代以下は夏季休暇と表現する人が大半だと思える。
    NHKの調査によれば、この期間中に帰省や行楽を控え、自宅近辺で過ごす人々の比率が5割超なのだとか。

  • 新最低賃金の先に視える明日

    カテゴリ: 予測

    今年の最低賃金目安が妥結した。
    当初の予想通り全国加重平均で31円増の961円に落ち着いたが、過去最大の上げ幅とはいえ「まだまだ抑え気味」の感は否めない。コロナ禍による足踏みがなければすでに1000円近くまで上昇していたはず、、、という内心のつぶやきが脳裏に巡るからだ。

  • ビックリした桜島噴火

    カテゴリ: 経営

    いやはやしかし驚いた。
    24日夜の桜島噴火のニュースに殊更反応してしまったのは、前週の17日に桜島・湯之平展望所を訪れ、その夜は対岸の宿に泊まっていたからだった。
    鹿児島出身の知人からは火口から立ち上る煙や、尋常ではない量の降灰による被害や掃除の手間についてなど聞かされていた。

  • 自画自賛もたまにはよいかも

    カテゴリ: 経営

    梅雨明け宣言は早すぎたような気がする。
    という言葉が何度も思い浮かんだこの一週間あまりだった。車のワイパーが用をなさず、道路面が川のようになる豪雨によって、土砂崩れや住宅浸水、田畑冠水の被害が各地で発生した。
    東北や北海道でも九州や四国と似たような降水被害があったことからも判るが、わが国は完全に亜熱帯化している。

  • 現場から消えつつあるもの

    カテゴリ: 実態

    しかしなんとも嫌な感じである、、、新コロ感染者数の急増、つまり第7波の到来とかで騒がしいのだ。
    かといって、陽性者のほとんどが無症状か軽微な自覚症状のまま日常生活を過ごしているようなので、発表する数字の対象を変えたほうが良いのではないかと思う。
    この感想は流疫の当初から抱いていた疑問でもあり、医療関係者の間でも賛否あった。

著者プロフィール

永田利紀(ながたとしき)
大阪 泉州育ち。
1988年慶應義塾大学卒業
企業の物流業務改善、物流業務研修、セミナー講師などの実績多数。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム