物流よもやま話 Blog

現 場

カテゴリ: 余談

もし私が現場作業をするなら、どの業務をしたいか。
なんてことを何度か考えたことがある。
「全部向いていない」と思った知人の諸君、今度会ったらシバキ倒す。

実際向いていないような気もする。
あくまで仮定であり、推測の域を出ないのではあるが。

入荷こそが業務の最重要作業だと考えているので、やはり荷受から在庫計上までをやりたい。
その願いが叶ったあかつきには、荷姿や黄色いガムテープぐるぐる巻きの不細工な梱包や入日記や納品明細や伝票類の書式に毒を吐いたり、何の罪もないカートン君たちに罵声を浴びせたり、所長のところに走っていって「やってられるか!」とかは絶対に言わないようにしたいと思っている。

保管場所で棚入れに汗をかき、ピッキングで忙しく動き回り、一心不乱に梱包してるパートの皆さんにも、「ワシが入荷を完璧にやっているから、みんな安心して忙しくできるだろうが」なんて、絶対に口に出さず、笑顔で「お疲れ様でーす」と言いたい。
お互いの挨拶や笑顔は現場の基本であるのだから。

昼休みや中間休憩時には同僚に嫌味を言ったり無視したりなんてしないように努力したい。
喫煙場所が倉庫建物のすぐ近くにあることも、見て見ぬふりをするよう我慢する。
たまーにやってくるお偉方に、喫煙所を始めとする他の非常識なことを直訴なんて絶対にしないように自制したい。
所長がノイローゼみたいになっていても、「器の小さい奴だな」とか「ざまぁみろ」とか「守ってあげたい」とか「かわいそうだ」とか、余計なことは考えないようにしたい。

約束事をきちんとやり、余計なことは言わず、人間関係を淡く留めるスタッフは宝物だ。
多少のえこひいきをしてでも長く働いてもらわねばならない。

現場でのエラーは、そのほとんどが社員に起因している。
規範となり、したり顔でOJTを行う社員がひとたび現場に入ると、鉄の掟だ!とスタッフに反復してきたルールを破ってしまう。
「よかれとおもって」「慌てていたのでつい」「作業手順を変えても問題ないと思っていました。時間に追われていたので」

こんなことはパートさんではあり得ない。とってつけたような言い訳もしない。
稀にパート・アルバイトがやらかしてしまうが、新人か大ベテランが殆ど。
新人については、中途半端で理解度の確認を怠ったお粗末なOJTの産物であるし、ベテランの場合は慣れによるルール無視。
この場合も、ベテランゆえに「お任せ」にしている管理者に非がある。

物流のエラーはそのほとんどが人的要因。
設備やシステムの前にそれを減らすことが必須と思う。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム