物流よもやま話 Blog

  • It’s a question of honour

    カテゴリ: 信条

    またもや新年を迎えてしまった。
    もはや、めでたくもありがたくも感じないのだが、お付き合いのある皆様、ご縁ができそうな皆様、どうか本年もよろしくお願いいたします。
    くどいようですが、年賀状などの市場から撤退したため、何も届かないからといって「あいつもう付き合い止める気だな」とかの誤解はどうかご勘弁を。
    ご連絡やご報告しなければならない事項があれば、即座にお伝えいたしますゆえ。

  • タマシイがある。ホトケをつくる。

    カテゴリ: 信条

    職分として、私の守備範囲は業務フロー設計からそれを用いて業務管理まで完遂できる社内専門職を養成し、現場へのプリンティング(反復OJTによる徹底的な業務フローの刷り込み)方法と管理手順を身につけてもらう、までである。
    もちろん、事後の一定期間、品質管理は如才ないように手当てするし、実務の継続的なサポートもサービス・メニューとして用意している。
    物流相談も好評いただいているので、来月からレギュラー・メニューに加わりそうである。

  • 破鍋綴蓋ではなく比翼連理に

    カテゴリ: 信条

    200社に1社が共感共振してくれたら本望。
    そんなつもりで仕事をしている。
    俗にいう ’ センミツ ’ とは顧客獲得が難しいとされている業界でよく遣われる言葉。
    私の場合は ‘ センイツツ ’  になるので、やや確率が高い。
    ギャンブルや宝くじよりも期待値が大きいのでよしとしている。

    物流業界の新規顧客獲得確率なんか誰も言えない。
    あるのは企業個別の歩留まりであるし、その分母と分子の設定もまちまちなので、〇×△の評価すらできない。
    そもそも新規開拓営業自体をきちんと行っていない会社が多い。

  • すべては顧客との出会いから始まる

    カテゴリ: 信条

    私のお付き合いしてきた経営者の方々はとても個性的な人が多い。
    しかしながら、変わっているように感じられるのは表面的な言動であって、その中身は質実で繊細で大胆で巧妙であることがほとんどだった。
    中でも創業者の方と話をするのが最も楽しく自然体でいられる。
    本当のことや当たり前の話が通じる人が多いからである。
    若い頃から中小企業の社長が顧客の大半であったことも大いに影響していると思う。
    礼節以外の気遣いは無用。
    従って、こちらの言葉も直截で短いものが続く。

  • 鶴の恩返し

    カテゴリ: 信条

    自分のやっていること、やろうとしていることに名前をつけるとしたら、どんなのがよいのだろうか?
    凄腕のコピーライター殿にお願いしたいが、お支払しなければならない報酬が身の丈に合わないだろうから諦めよう。
    コンサルなんて呼ばれるのも称するのも違和感だらけだが、世間に説明するには当面の便宜上、不本意でも甘んじるしか致し方ない。
    勝手に作っちまうか?それらしいやつを。
    何とか管理士とか何とか改善士だとか。

  • 場 数

    カテゴリ: 信条

    見積書を作るのが嫌いで苦手である。
    が、人の作った見積書にケチをつけるのは大好きだしタイヘン得意である。
    好きこそ物の上手なれ、なのだ。

    営業倉庫時代のハナシで恐縮。
    しかも読み手からすれば、ただのジマン噺なので重ねてお詫び。
    と、恐縮しつつも結局はしっかりたくさん書きますが。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム