物流よもやま話 Blog

  • まるで夏休みのような五輪週間

    カテゴリ: 実態

    テレワーク主流のまま平日は五輪をテレビ観戦、週末は行楽地というパターンが世間では多いのだとか。そのせいか、まるで国内全体が夏季休暇期間であるかのような空気が流れている。
    私の場合、強烈な熱暑の日中は屋外での行動を最小限にとどめ、近場での用足し以外は弱めのクーラーをかけて部屋でテレワークして過ごすようにしている。

  • 豪雨と酷暑と台風と

    カテゴリ: 実態

    先週末に熱海で発生した土石流による災害は、未だ収拾に程遠い状態のままだ。
    被災者の安否とその近親縁者の方々の胸中を想うと、やるせなく辛い。
    そして自身の携わる業界にとっても、今一度の点検や確認を徹底しなければならないと強く感じている。

  • 科学と計画と明日と

    カテゴリ: 実態

    またもや緊急事態宣言が出された。
    「三度目の正直」のようなニュアンスの政府関係者のコメントが多い。
    今回こそは本気出すぞ!という掛け声に不信や徒労感を隠せなくなっているのは私だけではないらしい。と、ニュースなどで流れる街頭インタビューにうなずいてみたりする。

  • ワイヤレスのモンダイ

    カテゴリ: 実態

    先月下旬、とある物流会社の庫内を視察させていただいた際に、現場設営のあれこれのハナシになった。
    どの事業者も似たような悩みや面倒事を抱えているという感想は毎度のことなのだが、その日は庫内の無線化についてだった。

  • 安心してください。あいてますよ

    カテゴリ: 実態

    秋の行楽シーズン真っ盛りである11月の3連休。
    しかしながら衰えぬコロナ禍によって人出も振るわず……という書き出しになるはずが、実際には各地大盛況だったようだ。
    因果応報よろしく、年末にかけての感染爆発を案じる報道が盛んだ。

  • 新しくてきれいな倉庫はやっぱり有利

    カテゴリ: 実態

    昨今の新設倉庫建屋は素晴らしいものが多い。
    建屋の構えと仕事の中身が別物であるのはもちろんなのだが、同じ中身なら立派できれいで便利な方がよいはずだし、個人的にもまったく同じ感覚だ。
    新しい≒きれい≒評価ポイント≒判断材料のひとつ≒報告項目
    のような潜在意識が作用しているのだとしたら、新しくて大きいことは有利となる。

著者プロフィール

永田利紀(ながたとしき)
大阪 泉州育ち。
1988年慶應義塾大学卒業
企業の物流業務改善、物流業務研修、セミナー講師などの実績多数。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム