物流よもやま話 Blog

  • 今月はEC物流特集 ‘ 安定のEC物流 ’

    カテゴリ: 実態

    昨年来、配送関連の記事も含めてECにまつわる内容のハナシが多くなっているので、今月はEC物流でとおしてみようと思う。

    「1月往ぬる2月逃げる3月去る」
    とはよく遣われる慣用句だが、この数年は「1年往ぬる2年逃げる3年去る」と感じて怖い。
    昨年の2月なんて先月ぐらいの感覚だ。
    なのに、具体的な出来事や記憶はあいまいでなかなか映像として再現化できない。
    「老イテマスマス耄碌」という書名が脳裏をよぎる。(ヨシユキセンセイの大ファンです)
    年明けからもうひと月も経ったのか、、、と無言で唸る今なのだ。

  • 定番率と返品率と誤ピック率

    カテゴリ: 実態

    定番率が高い。
    返品再入庫が多い。
    返品物を検品・リバイバルの後、棚入再計上する。
    オーダーメイドの高額な受注管理システムとWMS。
    現場従業員の離職率が低い。(勤続10年程度ではベテラン扱いされない)

    などとヒアリングすると、即座に脳内の警告灯が回り出す。
    「全ての物流業務フローを診せてくれー」と胸中で何度も繰り返す。

  • 倉庫会社の正規と非正規

    カテゴリ: 実態

    たまに聞かされる話に「モグリの倉庫会社」という言葉が出てくることがある。
    過去に何度か質問されたこともある。
    正確には届出登録済み営業倉庫か否か?のハナシだと思うので、この機会にちゃんと説明しておきたい。

    まず第一に、営業倉庫の登録には事業主体のあれこれはたいして作用しない。
    その届出に最重要な要件は「倉庫建屋」の諸条件を満たしていることで、運営会社の規模や経営数値が厳格厳密に査定され、届出受理に大きな影響を及ぼすことはない。

  • バッパと手待ちの落し穴

    カテゴリ: 実態

    近年日本の陸上競技の中で、躍進目覚ましい種目の一つに男子の4×100mリレー(陸上競技の経験者は ‘ ヨンケイ ’ という)がある。
    個人種目では世界のファイナリスト・レベルに今一歩及ばない日本の短距離走者が、4人揃うとメダルを狙える記録をたたき出す。
    その理由はバッパ(バトン・パスのこと:もしや大阪ローカル短縮言葉なのか?)にある。
    400mリレーでの3回のバトン・パス技術が各人の走力劣勢を補っているのだ。

  • 物流事故の「自損と他損」

    カテゴリ: 実態

    物流業務はミスとの闘い。
    と、繰り返し言い続け、書き続け、寝言にまで。

    が、ほとんどの場合、その原因は内部にある。
    取引先の無理難題強要による不可抗力的な、、、なんてことは極めて少ない。
    ‘ 顕在現象 ’に外部要因が影響していることを否定しないが、過去から今に至るまでそれを放置し続け、修正や改変の行動を起こしていないのであれば、間違いなく内部体質の問題なのだ。
    文頭にある「ミスとの闘い」は「自社体質との闘い」と言い換えるほうが解りいい。

  • 文明の利器+物流現場=関所通行料

    カテゴリ: 実態

    少し前のことになるが、RFID;いわゆる「ICタグ」の講習会に参加した。
    数年前から情報は得ているし、顧客から導入相談されたこともあった。
    ある程度は理解しているつもりなのだが、系統立てて基本から学んだことがない。
    というわけで、初心にかえって学んでみよう!
    と申し込んだのだ。

    「公的機関主催」の体で募集するが、実際は私企業の自社商材啓蒙と営業プレゼン。
    従ってタイヘン如才ない。無料でお茶まで出してくれる。
    参加費無料でお茶付き・・・なんか買わされる寄合に多いなぁ~、これって。
    とか思いながらセミナー開始。
    なんといっても企業の営業活動なのだから、中身は参加者にとても親身で愛想と揉み手が絶えない。
    デモ係のたどたどしい説明と現場事情の不勉強はご愛敬ながらも、アホみたいに冗長なプログラム以外は好感の持てる進行だった。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム