物流よもやま話 Blog

  • 個増戸減の時代「配達職人と配達価値」

    カテゴリ: 予測

    最近「宅配の個人事業主増加」のような内容の記事をよく目にするようになった。
    多産多死の黎明期が終われば新陳代謝を繰り返しながらいずれは組織化から寡占化に。
    なんていうことを漠然と考えながら読んでいる。

  • ロードサイドにECがやってくる理由

    カテゴリ: 予測

    風が吹けば桶屋が儲かる。
    までの飛躍はないが、今回は「大型ショッピングモールの過剰供給はEC企業のロードサイド進出を促す」というハナシを書いてみたい。

    「ここもテナントの撤退が目立つなぁ」
    は各地の大型ショッピングモール訪問時の決まり文句になっている。

  • 自動運転と物流業界

    カテゴリ: 予測

    今回は派生記事である旨、先にお断りしておく。
    現在執筆中の寄稿予定原稿から一部抜粋、補足して書いている。

    もはや自動運転の進化と普及は足踏みすることなく拡がり、万人が違和感を抱くことなく社会に浸透するだろう。
    運転の補助機能から完全無人化に向けて、技術や環境そして法整備までが着々と進んでいる。

  • 物流規格と技術輸出

    カテゴリ: 予測

    物流拠点は少ない方がいい。
    理想は一拠点ですべてまかなうこと。
    そう主張し続けてきた。
    複数拠点間の在庫管理、人員管理、品質管理、などの平準化には困難が付いてまとうし、運用コストは拠点数に比例して歩留まりが悪くなってゆくからだ。
    とりわけ、中小企業の自社物流なら直感的に「多拠点は悪」と判断することがほとんどで、実際にコスト比較のシミュレーションを行えば具体的な根拠が得られる。
    最初の直感は正しかった、という結果に終わるだろう。

  • 新築倉庫と祭りのあと

    カテゴリ: 予測

    いまさらではあるが、近年建築された大型倉庫についてのハナシである。
    REIT( real estate investment trust、リート:不動産投資信託)やら投資法人云々の説明や現状はさておき、もっと原始的で単純な懸念というか疑問を抱いてきた。
    それは回収期間についてだ。
    もちろん一概には言えないということも心得ている。

  • 保管料相場の動向「開く水門」

    カテゴリ: 予測

    巨大ファンドの内陸型倉庫建設のピークが過ぎようとしている。
    追随してきた国内の投資ファンドやディベロッパー系事業者は、いまだに中規模のマルチテナント型物件の着工・竣工情報をリリースしているが、それも長くは続かないだろう。
    あくまで私見だが、そろそろ保管料相場の高止まり幻想が消え去るのだと感じている。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム