物流よもやま話 Blog

  • 破鍋綴蓋ではなく比翼連理に

    カテゴリ: 信条

    200社に1社が共感共振してくれたら本望。
    そんなつもりで仕事をしている。
    俗にいう ’ センミツ ’ とは顧客獲得が難しいとされている業界でよく遣われる言葉。
    私の場合は ‘ センイツツ ’  になるので、やや確率が高い。
    ギャンブルや宝くじよりも期待値が大きいのでよしとしている。

    物流業界の新規顧客獲得確率なんか誰も言えない。
    あるのは企業個別の歩留まりであるし、その分母と分子の設定もまちまちなので、〇×△の評価すらできない。
    そもそも新規開拓営業自体をきちんと行っていない会社が多い。

  • すべては顧客との出会いから始まる

    カテゴリ: 信条

    私のお付き合いしてきた経営者の方々はとても個性的な人が多い。
    しかしながら、変わっているように感じられるのは表面的な言動であって、その中身は質実で繊細で大胆で巧妙であることがほとんどだった。
    中でも創業者の方と話をするのが最も楽しく自然体でいられる。
    本当のことや当たり前の話が通じる人が多いからだ。
    若い頃から中小企業の社長が顧客の大半であったことも大いに影響していると思う。

  • 日用便よりの使者

    カテゴリ: 実態

    報われる努力とそうでないものがある。
    物流関連では運賃(特に個配料金)契約交渉がその筆頭。
    世相評論ならそれで済むが、実業者とその利害関与者には忌々しき問題なのだ。
    今や個配料金の単価上昇は、業種業態によっては経営リスクになっていることも多い。

    言うまでもなく、個配業者との運賃交渉は、実際には交渉ではなくお願いである。
    顧客側が業者に平身低頭してすがるようにお願いする。

  • 必ずできる!「企業独自の物流設計」

    カテゴリ: 経営

    業態という言葉を無意識に口に出してしまう。
    しかし物流の業務設計や実務やOJTではまったく意識しなくなっている。
    玄人ならアタリマエのことだが。

    物流の根幹にある「理由」は消費に他ならない。
    消費動向が全てを決定する。

  • 平凡なヒアリングと満点の回答

    カテゴリ: 本質

    「困っていることは何ですか?」
    「どうなればよいのですか?」

    この二言は営業ヒアリングの基本。
    物流に限らずどの業界でも使うし、これを訊かない初動はあり得ない。
    私も数え切れぬほど使ってきたし、今後も同じだと思う。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム