物流よもやま話 Blog

  • 「対前年」の物流経費予算と在庫換金

    カテゴリ: 余談

    「対前年」とはあらゆる経営指標の比較に最も用いられる表現である。
    反面それが企業の本質的な数字把握を鈍らせている原因であることが多い。
    昨年対比というのは、相対比較であって、売上にしても利益にしても経費にしても、「なぜそうなるべきなのか」「なぜそうなったのか」は、もう一歩踏込んで解析しないと判明しない。
    昨年度と何もかもが全く同一の諸条件、、、諸環境・諸事情・総社員・総顧客・総商品、、、のようなありえない想定でしか純粋な対比評価はできないのだが、「そのへんは置いといて」「とりあえず便宜上の」「まぁ世間一般そうだから」「じゃあ代案あるのかよ!」「いいじゃねぇかこれで」、、
    がまとめの言葉として吐き出される。

  • 多拠点物流の理由と矛盾と含み益

    カテゴリ: 本質

    中小企業の国内物流において多拠点は「悪」である。
    最大限に譲歩しても、企業内外で無検証の「放置物」としか評価できない。
    この狭い国土内での物流に関しては百害あって一利もない。
    そうせざるを得ない理由の説明や経緯はたくさん聴いてきた。
    ほとんどの企業の似たような内容の話を。

    現状を疑わない企業。
    疑ってはいるが方策が浮かばない企業。
    方策は出ているが意思決定できない企業。
    意思決定しているが実行できない企業。

  • EC物流とそうじゃない業態の事情

    カテゴリ: 実態

    毎度思うのだが、EC専業会社の物流業務はシンプルでルーティン化しやすい。
    週頭や大型連休明けの出荷大波に対応することぐらいしか苦労は無い。
    その他、製造工場が廉かろう悪かろうな場合、入荷時検品が煩雑で、入荷予定数と実計上数の乖離にムラがあって、不要な手間とそのコストが発生するぐらいのものではないか思う。
    返品もあるが、入荷時の品質検品が適正に行われていれば、そのほとんどは受取拒否か不在による配達猶予期間の終了によるもので、未開梱物の再入庫には大した手間はかからない。

  • 物流の宿命「永遠に目指す標高ゼロの山頂」

    カテゴリ: 経営

    企業内にはさまざまな業務がある。
    一般的な区分けとは別に、その企業固有の ‘ ルール ’ や ‘ コード ’ が存在する。
    競争や駆け引きの中では白か黒かという区分や明瞭さを善とできないこともある。
    不透明さや視えにくさは、時として必要な選択肢になるのだろう。

    しかし、あらゆる企業で物流と経理だけは装飾や折合があってはならない部門である。
    他部門のように一定の不可欠な「灰色」の存在は、経理と物流には禁忌である。
    会社がおかしくなってしまうから、に他ならない。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム