物流よもやま話 Blog

  • そこにあるのは自分の姿

    カテゴリ: 本質

    写真は長く続いている楽しみのひとつだ。
    被写体は生きているもの以外なら何でもかまわない。
    街中の路傍にある無機物を何のメッセージ性や訴求連想なしに撮るのが常である。
    ちなみに撮られるのは苦痛でしかなく、許される限り避けている。

  • 庫内業務のイメージスクリーン

    カテゴリ: 本質

    久々の手前味噌だが、そこそこ「ウマイ」という自負もあるので、食わず嫌いなさらずにお読みいただければ幸いだ。
    500件には足らないと思うが、少なからぬ実務事例から導いた手法なので、その効用には一定のエビデンスがあるということも付け加えておきたい。

  • あの日からその日まで

    カテゴリ: 本質

    この原稿を書いたのは一か月前。
    あえて時間をおいての掲載にした理由は、1月17日と3月11日の中間に近い掲載曜日だから。
    25年前のあの日、9年前のあの時、それ以前その後に各地の人々が見舞われた抗いようなどなかった天災のすべて。
    褪せることない記憶と想いを抱き続けるひとりとして、そして物流に携わるひとりとして、今この時に考えていることを記しておきたい。
    チョコレート気分の諸氏には申し訳ないが、多少の苦みとともにお読みいただければ幸いだ。

  • モーダルシフトと時間の選択

    カテゴリ: 本質

    この数年来モーダルシフトという言葉を目にすることが増えた気がする。
    国土交通省・環境省などの大手物流企業向けプロモーションが寄与しているのかもしれない。
    とはいえ、一般的には耳慣れない言葉の類のままだと思うし、字面や音から意味や効果を連想できないことも普及が進まない一因となっている。

  • 物流会社と物流子会社

    カテゴリ: 本質

    ありがちなやり取りだが、
    「お仕事は何ですか?」
    と問われて、
    「物流会社です」
    と答えた人と、
    「機械部品のメーカーです」
    と答えたもう一人がいたとする。

  • 物流現場の「地震みち」

    カテゴリ: 本質

    「地震みち」という言葉を最近知った。
    現在では「異常震域」という専門用語がそれにあたるのだとか。

    【異常震域】
    震源地より遠く離れた所で異常に震度が高くなる現象である。かつて地中に地震が伝わる特別な抜け道があると考えられ、地震みち(じしんみち)と呼ばれていた。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム