物流よもやま話 Blog

  • 並列と直列

    カテゴリ: 本質

    営業倉庫を運営する大多数の物流会社の業務フローは並列化されている。
    顧客別にフローが存在し、一見すれば受託業務内容別に設えたようである。
    しかし各業務フローを重ねてみれば、大部分が一致するはず。
    重ならないように見える部分の大半はちょっとした加工で統一もしくは二分できる。
    検証する場合にはチャート化して重ねてやれば一目瞭然になる。

    つまりは並列ではなく直列で仕事の全てが賄えると言いたいのだ。

  • できなかった案件

    カテゴリ: 余談

    営業倉庫にいた頃の記憶から消えない仕事。

    それは圧倒的に「できなかった案件」が占める。
    単純に見積負けしたり営業負けしたりは悔しさを芯とする「わすれまじ」なのだが、そんなのは少しばかりしかなく、残りの大半が「したいけど無理だった」である。
    泣きながら撤退と胸中しんどかったものばかりが記憶に残る。

    一定の与信チェックが済めば次は仕事の中身と利益目論見の整合可否。
    投入人員数と作業工数概算に対する利益率は一定したものでないにしても、ある程度の幅に収めなくてはならない。
    自社の経営を維持する義務と責任。

  • 越境の地では

    カテゴリ: 予測

    今や越境ECは相当数の企業が実施もしくは構築中の状態であるが、その市場は中国に留まらず東南アジア諸国に拡大し続けている。
    中国市場については現地法人設立の高いハードルなどの問題があって、その大半は越境ECという選択肢に行きつかざるを得ない状況である。
    加えて中国政府の国策として、自国内消費拡大の大号令の下、国外決済は好ましくないという基調が明確に表れており、中国国民相手の越境商法の将来は現状暗いと言える。

  • 自前物流

    カテゴリ: 経営

    モノを扱う業界ではOEMやPBによる商品調達はごくごく普通の手法となっている。
    なのになぜ物流部門では自社設計による規格の業務を委託するという明確な区分けが存在しないのだろうか?

    外部委託にあたっては詳細な要望を伝え、それに応じた提案がなされる。
    しかし、委託側が伝えている内容は往々にして答のみであったり対処であったりする。
    咳が出て辛いから薬をくれと要望し、相手は相応の処方をする。
    症状が治まって楽になれば「なぜ咳が出たのか」は考えなくなる。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム