物流よもやま話 Blog

倉庫事務費用って何ですか?

カテゴリ: 実態

倉庫会社の見積書に関して、荷主企業からよくある質問のひとつ。

Q:事務費用って何ですか?
A:出荷指示データを現場使用するための加工手間や業務報告の費用です。

などのやりとりが多い。
会社によっては出荷費用や梱包費用、システム等利用料、業務管理費などに、(一式)や(等)と語尾を付して含まれていたりもする。
つまりは統一基準やルールはなく、それぞれが思うままに記述している、というのが実態だ。
持論で強縮だが「物流規格およびその表記の統一」がなされれば明朗で簡易な見積や請求の明細と共通語による業務説明が可能となる。
しかし、荷主便宜には当然ともいえる制度設計の気配すらないのは残念極まりない。
国交省のネットワークドメインから定期的に拙ブログへの閲覧がある。
拙稿をお楽しみいただいているならうれしくありがたい限りだが、具体的な行動のきっかけになるならさらに幸いだ。

物流企業各社の表現の背景に悪意や粉飾は存在しない。
明確な意図によって独自表記を貫いている会社は皆無に近いだろう。
「ずっとそうやってきたから」「これといった不都合がないから」
というのがほぼ全社にあてはまるはずだ。
「なぜ?」と問えば、しかるべきもっともらしい説明は皆がするに違いないが、まさにとってつけたようなものと言える。
回答している本人が「入社した時にはこうなっていたし、特別問題があるわけでもないし」
と内心でつぶやきながらの体であることは珍しくもなんともない。
なによりも「間違っていない」「ごまかしていない」「正当な請求内容だ」などの信念や確信に基づいて吐かれた言葉である。
その点については何ら疑う余地ないところだと思う。
同一条件で他社との比較ができない荷主の不利益を無視しているのだが、無視される側にも「不利益につながるかも」という自意識がないので問題にならない。
しかしながらそれも「今までは」となりつつあるのだが。

以前にも別稿で書いた記憶があるが、物流会社の見積や請求の項目と表記については、全部「いいわけ」や「めいもく」であり、それは全業種に共通することでもある。
複式簿記の「借方」「貸方」と同じ関係であり、「理由や説明」と「本当のこと」が等式となってつじつまが合わされている。
特に物流業務では原価の構成要素が非常に単純だから、そのまま利益をのせて請求するわけにもゆかない。
倉庫であれば「床代」「人件費」「資材費および雑費」ぐらいで、最大のコストは「人件費」であることは説明不要だろう。

つまり請求内容の大部分は人件費由来なのだ。
床代や雑費が占める割合はたかが知れている。多くても3割程度ではないだろうか。それ以上ならば、いわゆる「保管勝ち」であり、貸倉庫が主の大家商売でもないかぎりは「ぜんぜん儲からない」中身となるはずだ。
したがって見積書や請求書の項目に続く単価と総額の7割強が人件費であり、荷役コストと言い換えられている。
手間賃という表現でもいいだろう。
床代、、、つまり保管料や設備・システム使用料などは概ね固定請求であるが、入出荷については月次の従量請求になっているはずだ。入と出を分けた単価請求でも、通過請求でも同じ理屈で考えて差し支えない。

この仕事を何坪で何人でやるか。
この荷をどの車で何時間かけてどこまで運ぶのか。帰りの荷はあるのか否か。
ぐらいしか計算根拠はない。
つまり原価計算はそれぐらい単純な要素で構成されている。
■1200坪、一日平均8時間・18人。
■10t・ワンマン、横浜積→神戸下、19時積込開始、夜間高速、翌朝8時30分着。帰り荷なし。
こんな程度の文字数で原価計算は完了する。

作業項目の単価設定の根拠がいい加減であると言っているわけではない。
実作業の時間計算から導かれた単価であることは当然だ。
現場や営業の業務に年季が入ってくれば、単価から積算した数字と床コストと人件費概算の和に予定利益をのせた数字がほぼ一致するようになる。
いわゆる「場数」というやつであり、属人の極みなので自慢や賞賛の具にする類のものではない。組織内においては、方法論を数式化したりチャート化して、誰でも同じように算出できるように公開することが熟練者・上席者の責任であるし、そう心がけてきたつもりだ。

ハナシをもとに戻す。
掲題の事務費用についても、作業工数と処理時間から総コストの試算が可能だ。
しかしながら実際には事務職の社員一名と8時間勤務のパート従業員数名でその他もろもろの業務までこなして「一日」に収まればよいのだ。
事務費用として一件100円やら一行15円やら納品書一枚50円やら、、、
それは他社提示額や自社の経験則から導かれた「言い値」であり、事の肝心は各項目ごとの歩留まりよりも、まずは総額でどうなのかであり、さらに気が利いているなら「どの項目にポイントをおいているか」である。
保管料や配送料金で頑張る見積は「へたくそ」と評されることが多い理由と同じだ。
比較しやすい数字は意識的に低く提示などと同様に、見積および請求に押しと引きのメリハリをつけることは客商売の基本。わざわざ書かずとも、ほとんどの営業職が重々心がけている。

事務費用にしてもシステム利用料や維持管理費にしても「出荷」や「保管」関連の費用に組み込んでしまえばよいのだが、単一項目が高単価になったり、「一式」風の体裁を嫌う会社が多いので、小さい単価を設定して細分化された作業項目を設定する。
ある意味「お約束」としてまかり通っているきらいは否めないが、総額が同じなのに設定項目と単価がまちまちといういびつさは延々と続くことになる。
「わかりにくい」「くらべにくい」は排除すべきという信念のもと書いているゆえ、万人が同意納得するとは限らないだろう。
一定以上の混乱や濁りこそ過度の折合いや一蓮托生のわき出る濁水の泉だ。
何でもかんでも清き白河をとは思わないが、濁り多い田沼続きでは自らの首を絞める結果に至ってしまうのでは?
という老婆心から憂いている。

魚は清き流れと濁った淀みの双方を行き来して生きている。
ほどよい是々非々と自覚ある看過。
商いの中身はそんな按配でできているのかもしれない。

【追記】
2020年04月14日に運輸審議会が標準運賃の告示内容を「適当である」と答申した。
予定通りの運賃標準化進捗だが、高値維持の現状に比しても更なる割高感は否めない。
危惧するのは「標準運賃の定価化」であり、公的建値として値引きの具となる可能性だ。
必要なのは単価ではなく「項目と表記の統一」であると主張してきた。
比較する項目が共通化され順守徹底されれば、適正な相場は自然に形成されるはずだ。
長くなりそうなので、本件については別記事で掘り下げてみたいと思う。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム