物流よもやま話 Blog

One on OneとSide by Side

カテゴリ: 信条

今回の記事名となっている言葉はロジ・ターミナルの行動規範。
バスケットボールやレーシングシーンとニュアンスが異なるのは、競ったり、抜き去るために対面したり並走するのではないという意で用いているからだとご理解いただきたい。
物流専門職養成プログラムの根底には「対面会話」「並走して次へ」という不文律がある。
私がくたばった後、あとを継ぐ者がいるとしても、それは変わることがないと信じている。

そんなことを意識するようになった年月日は覚えていない。
ただ、きっかけは一人のプランナーの言葉だったと思う。
「制約だらけの仕事の中に欠片のような自由を見つけたとき。私はそこに無限の可能性と独創を追及し、大きな喜びをもって没頭する」のような意だった。
自分自身が突き当たってきた壁や袋小路とも感じる敗北感や不自由さや閉塞感から目を背けたり否定したりせずによくなった。
そして同じような苦しみや焦燥を抱いているかもしれない物流管理者や担当者との接し方が明確に決まった瞬間でもあった。

物流は約束事とその順守徹底が基本。
個人に認められている裁量はゼロに近い。合理性追求を旨とする機能部門の本質だ。
しかし、業務フローと派生したOJTを完璧に守りつつ、その中に何らかの工夫や努力や心がけを加味する従業員がいるとしたら、それはもうその現場の宝物なのだと思う。
そして、管理者はルール順守の徹底を常に求めつつ、そのルール内での前向きな裏切りを期待している。
なぜなら自身がそのルールそのものなので、一切の逸脱はできないからだ。

管理者の専門性を高め、実践的な業務各論の精密化と作業フローへの反映。
「コストありき」から始めるのではなく、業務フローの分析と改変を丁寧に行えば、物流の庫内作業コストはあたりまえのように下がってゆく。
物流業務では管理者のプロフェッショナル化と定着がすべての現実を変える。現場業務の効率化・精密化にとどまらず、企業の決算数値にまで影響を及ぶことも珍しくはない。少なくとも弊社顧客の実績としてはそうなっている。

全企業が抱える課題として、人材育成と定着率の安定化がある。
平たく言えば「後継のプロは誰がなるのか?」ということだ。
ここは自社内での次世代養成人材の選考判断に拠るしかない。養成の技術的なプログラム自体はロジ・ターミナルで提供できるが、最終的な社内の「縦一本」的な系譜は門外漢の弊社では何ともできない部分。各社のご判断と方針に口を挟めないことはご理解いただけると思う。
そんな相伝を脈々と続けているうちに、その企業独自の「物流作法」が醸造されていく。
その作法は全体の社風を下から支え、もの言わぬ土台として各部門の業務につながり続ける。
言い方を変えれば「ノウハウ」となるのかもしれない。ただし外部からは視えない。
美味い料理の隠し味的な存在が物流機能だとご認識いただければ嬉しい。

物流現場の責任者は孤独だ。
孤立しているのではない。馴合いや融通が許されない機能部門なので、業務に関する遣り取りでは自ずと一定の距離感をもって部署内外の人間と接する。そうでなければ務まらない役席なのだ。
だからこそ、一日を早めに終え、社外の知友人との付き合いや家庭での団らんの時間をたくさん持ってほしいと願う。
可処分所得と可処分時間のバランスを忘れないでいただきたいと祈るよう念じている。

自社物流の総責任者もしくは拠点責任者との初対面時はいつも楽しみでありドキドキもする。
一番多いのは「不愛想で木で鼻を括るような対応と返事」だろうと思う。
そして私はそんな場面に出くわすたびに「これは良い会社だし、現場も結構やるだろう」
と嬉しい確信を内心で抱く。
あたりまえの反応である。
会社からお仕着せられた先生面の侵入者を自分の城に入れなければならないのだ。
全スタッフに「突然あらわれた異物」をどう説明すればいいのか。
改善なら自分にチャンスを与えてほしい。なぜ外部者に委託するのか?
こんな言葉が「顔に書いてある」センターマスターや現場主任と仕事をしたい。
なぜなら彼らには「誇り」があるからだ。
自身の中にこだわりや自尊心を待たない人とは仕事ができないと思っている。それを侵されるのかもという危惧が反発という言動に出ているだけだ。
もちろんその表現は千差万別。
「誇り」の持ち方にはそれぞれの仕事観と責任感が大きく作用するのだろう。

私が敵ではなく異物でもなく侵入者でもないことを数回の面談で証明してみせる。
必ず理解してもらい、真剣なまなざしで相談事を吐露してもらう。
最後は満面の笑みで握手していただく。
向き合っての遣り取りが重なり、徐々に対面から横並びに位置を変えて会話は続く。
同じ方向を見つつ、同じ価値観と求める結果の確認を何度も重ねる。
「まだ足りませんね」「もう少し登りましょう」「あそこまで行きましょう」
追い求めるものに近づくためのつぶやきのような言葉。
無言でうなずく意思疎通の熟成。

ご本人も現場スタッフも気付いていないが、いつの間にか補助輪なしで自走している。
そんな「今日」が何週間か続いたら、ロジ・ターミナルの仕事は終わる。
役目を果たした傭兵は去るのみ。
後ろ髪を引かれるような感情がわかないといえば嘘になるが、それが我々の立場であり分なのだと弁えている。
もちろんだが、そのあともサポート契約などで月に一度程度の面談は続くし、大きな変更ごとなどが発生した場合はヘルプにも駆けつける。

読者の皆様に申し上げたいのは、電話やお問い合わせフォームなどでのご連絡時に、専門職養成カリキュラムやその他分析・評価・改善などに要するコストや期間設定の個別対応の可否、サービス内容の一部変更が可能か否かなどの質問を、言葉を選んだ丁寧な言い回しでされるお気遣いは「一切ご無用なのです」ということ。
お求めになる情報はストレートに要求していただいて結構であります。
申し上げるまでもなく、顧客ニーズは千差万別。
ロジ・ターミナルは敷居の高い会社ではありませんし、それなりの融通もききます。
自社の要望に合った対応を望まれることはあたりまえです。
実際には、各企業の改善内容ごとの設定が最終的には施されています。

「一応の基準価格とその内容」を表示しないことは、来訪閲覧者に対して不親切であるし、そんなことをもったいぶって後出しするのは時代遅れと感じている。
それだけの意図とご理解ください。

まずは向き合って。
そして並び立って。

次はどんな企業のどんな方と会えるのか。
ワクワクするしドキドキする。
書いていて嬉しくなってきた。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム