物流よもやま話 Blog

THE 運賃【1】

カテゴリ: 実態

運賃については何年か前に見切りをつけた。
その「見切り」とは、抵抗せずに流れのまま受け入れる、の意とご理解願う。
ここでは個配料金のハナシに絞って記したい。

もはやひと昔前のことになってしまったが、「ナントカ急便の担当者が値上げを言ってきた」、と前職時代に営業部の部下から相談を受けた。
その遣り取りが、数ヵ月後の運賃立替請求からの撤退に及ぶのだが。

当時、物流業界ではほとんどの会社が ‘ 運賃立替払い ’ を当然のように行っていた。
私も「そんなもの」と別段の疑いを持たずにその実態をやり過ごしていたわけだが、前月の売上と利益の確定がでる月初に、なぜか社長やら他の役員が「運賃別で○○%の利益率」という言葉を遣う。
ん? 単純に売上粗利と営業利益ではアカンのかいな?
売上に二種類あるんか?なんじゃそりゃ。
てな具合に、常々強い違和感を抱えながら聴いていた。

今から10数年前、ネコも飛脚も60や80サイズぐらいの荷物なら500円ぐらいが法人大口優遇のアタリマエ単価だった。
それが両社のシェア競争の過熱で、タリフ(配送契約料金表)の潜りあいが常態化し、ついには250円から300円あたりまで下落してしまった。
おりしもEC、俗に言うネットショップの台頭もあいまって、両者は競って個配料金を下げる営業を強化した。利益率云々よりシェア獲得を優先したのである。
当時のEC利用者のボリューム層は20代前半から30代半ば。
購入品は現在と違い、アパレルや雑貨が圧倒的多数で、生活必需品を含む買回り品や消費財を多層年代が購入するのはアマゾンの台頭が顕著になったあとの傾向である。
現在も同様だが、当時の不在率は今にもましてえげつない状況だったと聞く。
配送情報の双方向共有システムが無かったからである。購入者は学生やフリーターやOL。
そりゃ日中不在だろう。
帰宅時に不在票があったとしても、夜中に再配達の手続きはできないし、する気もない。
なにより次の受け取り日時を即決できない。決めても約束事としての意識がない。
「受け取れなくてもまた電話すればいいや」ぐらいの感覚。
たとえ保管期間が過ぎて返品されても、また別の店で買えばいい。似たような品物を売っているネットショップは他にもある。

個配業者のセンターに滞留する再配待ちの荷物。
仕方ないのでドライバーは毎度持ち出してはピンポンするが、やはり今日もいない。
また不在票を投函。

赤字になるに決まってる。

配送先は東京都世田谷区。発送元は福岡県福岡市。
1100km運んで、車と人でぐちゃぐちゃの世田谷で二回目の再配達。
しかもまた不在。

「送料無料」の裏側で、発送主である販売者の元払金額は280円。
1100kmの過酷な廉価運送は個人経営から中堅どころに至るまでの数多ある傭車。
破格の請負価格で夜間料金の高速道路を10t車で走る。

次回に続く

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム