物流よもやま話 Blog

担当者の本気

カテゴリ: 余談

物流会社にいた頃、数え切れないほどの問合せや見積依頼を受けた。
でも過半の内容は決まりきっていて、「あぁ、またこんなのか」とげんなりする毎度だった。
本来は「どんな内容でどんな文面や口調でも、問合せはありがたい」と感謝するのが優秀で正しい営業職なのだろうが、私にはそんな域に達することが終ぞできなかった。
感謝するだけならなんとかこなしたのだが、物流の場合は各種データなどの精査や確認のやりとりが不可避に追随する。煩雑で単調極まりない作業をつつがなく行うには、企業としての相性や価値観の近似がないと、相互のズレや誤解を修正できにくい。
そのやり取りの最初でけつまずくと、後の修正はまず不可能となる。
問合せ元の企業規模や経営状態以前に、自社との組み合わせに無理がある場合は、できるだけ早く見送りの判断とその理由を添えた陳謝を伝えなけらばならない。
それゆえ初動を慎重細密に行うことを是としていたので、どうしても「見立て」と「見切り」にこだわってしまうのだった。

1)廉い運賃を探しています。条件次第ではオタクに仕事を出してもいいと考えています。

2)全部込みで1出荷〇〇〇円以内でできますか?

3)物流コストの見直しが経営課題として、、、
至急会社概要と取引先一覧、単価表と何社かの見積見本を提出願う。

4)海外からの入荷品で明後日午前中までに検品が必要です。
1ピース○○円で総数は15,000。対応可能ならば明日10時までに見積の提出願います。
電話による問合わせはお断りします。遣り取りはすべてメールでお願いします。

5)保管料は坪計算ですか?一個いくらという計算ですか?
可能な限り高く積んで何坪になるのか?
一個いくら、なら坪計算より安くなる見積が出せますか?

のようなのが、困惑や不快を通り越して滑稽で失笑を禁じえない問い合わせの上位だった。
問合せの半分近くが「ん?」と読み返して、文意とその意図を考えなければならないものだった。中小零細の倉庫業にはありがちなハナシなのだけれど。
何よりも全社の全担当者が本気なのだ。しかもなぜか追い詰められているし、ヒステリックであることも多い。
「問合わせが面倒だし、こんなやり取り自体が不本意なのだ」と感じるようなメール文面や、要旨の定まらない内容を整理確認するためにかけた電話で、「あんまり手間と時間をかけたくない」と明言する相手も珍しくなかった。
こちらとて「内容的に手間と時間のかけがいがない物量」と承知しているが、一応お客様候補なのだし、数少ない「お問合せ」なのだから、可能な限り相手の意に添うように応接しようと心掛ける。
しかしながら二度目無く音信不通となるケースが多いし、電話の会話中に「あっ、ちょっと切るね」と通話が途絶え、ちょっとはずっとになることも一度や二度ではなかった。
今振り返っても、「願望は権利ではないのですよ」としかコメントできない。
本気で奇天烈なことを問合わせし、内容以前の問題で足踏みしているのは、単純に自分の会社の業務が理解できていないからなのだと思う。
ポイントを押さえた問いかけには、それなりの回答が返るものだ。
どの業界のどの企業でも。

上述した類の問い合わせに対する回答の具体は割愛するが、読者諸氏のご想像どおり、差し障りないものだった。
君子でなくとも危うきには近寄らない。

素人同然の「担当者」が物流を考えるからこんなことが頻発するのだろう。
やはり企業内に物流のプロは絶対必要だ!

我田引水。
悪しからず。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム