物流よもやま話 Blog

できなかった案件

カテゴリ: 余談

営業倉庫にいた頃の記憶から消えない仕事。

それは圧倒的に「できなかった案件」が占める。
単純に見積負けしたり営業負けしたりは悔しさを芯とする「わすれまじ」なのだが、そんなのは少しばかりしかなく、残りの大半が「したいけど無理だった」だ。
泣きながら撤退と胸中しんどかったものばかりが記憶に残る。

一定の与信チェックが済めば次は仕事の中身と利益目論見の整合可否。
投入人員数と作業工数概算に対する利益率は一定したものでないにしても、ある程度の幅に収めなくてはならない。
自社の経営を維持する義務と責任。
自分で設けた社内規の営業利益率を無視することはできない。
立場とは率先垂範を貫いてこそのもの。個人的な志向・好悪や価値観は抑制しなければ。

それゆえに見送った。

このトップは素晴らしい。
しかしこの仕事は請けられない。請けてはいけない。
顧客利益と自社利益の折り合いがつかない。
工夫や努力では到底寄り付けない。
並び立ち、同じ方向を目指して仕事をするのが物流会社の本懐。
と、言い続けてきたくせに、やっぱり対面してしまう。
差し向かいで高い廉いを折衝する。
その企業が伸びれば、もしくは健常なまま続けば、寄生する物流会社は食える。
だからといって、とりあえず契約、料理はそれからでも、なんていう陳腐な営業はしない。
契約して半年や一年で「値上げを認めて頂かないと、お約束した内容の業務が続けられません」とは口が裂けても言えない。
同業他社にありがちだとよく聞いたが「恥」の感覚が違うのだろう。

ロジ・ターミナルを始めたのは、お客様と自社の組み合わせが悪くないなら、規模の大小、契約金額の多寡は問わないで仕事がしたいと思ったからだ。
もちろん、手間がかかれば高くなるし、そうでなければ廉い。
極論言えば、「月3万円で何でも相談しておくんなまし」も、ありだと思っている。
相談と回答では実務は動かない。
が、そうすることで気強くなったり、迷いが減ったりするのであれば、その役目を務めさせていただきたいと思っている。

しかしながら、大人数でやる気は無いのでキャパが小さい。
結局はお待ちいただくか、見送らせていただくか。

ん?

結果的には前と同じか。
それじゃダメじゃん。

考えよう。
もうちょっと考えよう。

よーく考えよう。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム