物流よもやま話 Blog

資 材

カテゴリ: 余談

資材のことが頭に浮かんだので、忘れないうちに書いておく。
ここでいう資材とは物流現場にあるそれであって、その他業務に必要なものは含まれない。

あまり意識しないところかもしれないが、梱包資材はかなり成熟した分野である。
物流屋が言う「資材屋さん」は現場対応型の営業を主としていて、規格や強度、ロットについて素晴らしいレスポンスで提案と見積を揃えてくる。
恐らくだが、依頼された案件の答を考えてきたわけではなく、知っているんだと思う。
つまりは殆どの場合、社内の過去納品履歴を探せば、ほぼ見合うものがあるのだろう。

運賃と保管料と資材費。
この三つほど顧客と議論したくない項目はない。
と、前職時代には思っていた。
運賃と資材は同じ理由だった。
需要者より供給者の側が強いから、である。
個配運送については、二人のガリバーと第三のガリバーが寡占している。
「嫌なら他にどうぞ」という匕首を懐からあからさまに覗かせつつ、作り笑いで交渉する相手に何を言っても空しい。

では、資材はどうなのか。全く違う理由でやはり空しい。
紙は国策であり、その市場規模は莫大。製紙もやはり寡占。
その下に系列の一次、二次の問屋。さらに枝分かれして、最終的に一般小売会社。
つまり完全に市場の仕組みが出来上がっており、ある物流会社や事業会社が競合より有利で気の利いた資材を調達しようとしても無駄なのだ。せいぜい工夫ぐらいが関の山だが、その画期的だと自賛している工夫も、すぐにどこかの会社が同じような資材を使い出す。
腰は低いが頭が高い営業の典型である、、、決して嫌いではないが。

何よりも資材の単価には拘るくせに、箱だけで15種類。全部名入れ。
袋が3種類。全部名入れ。
ガムテープも3種類。全部名入れ。
ラッピング資材は60種類。リボンや淡色の不織布や白基調のペーパー。裸で棚保管すれば、一年足らずでゴミになる。
なので60種類の綺麗な飾り物を全部箱入れやら紙で巻いて、梱包指示に「ラッピングー27番」とあるたびに、必要な資材をそーっと取り出し、また蓋をしたり、保管紙で丁寧に包んで、、、

出荷データを分析すれば、資材の種類なんて激減するに決まっている。
何でもかんでも名入れしない。
経済ロットで表面的な発注単価は満足したが、二年後に半分以上廃棄。

ということは結構ありますよ、皆さん。

まぁ、過剰在庫、滞留在庫の怖さに比べれば、微々たるものですが。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム