物流よもやま話 Blog

物流って・・・

カテゴリ: 本質

物流ってそんなに難しいのだろうか?
いったい何を難しいと感じているのだろうか?

入荷と保管と出荷しか要素がない。
しかし数多の会社が複雑怪奇なエラーやトラブルを抱えている。
何故なのか?
どこでどうなってそんな状況に陥っているのだろう?
業界の事情や営業上のしがらみは理解している。
が、それは全ての企業に共通していることであるし、よくよく聴いてみると深刻でも難解でもない。

惰性や妥協や慣例。
業務内容やその品質を長年の間、疑うことなく自己完結している。
社内事情。
思考の硬直。
現場と管理部門の情報断絶。
士気の低さ。
仕組みを疑わず、日々出たとこ勝負。

上半身は素晴らしいのに、下半身はいつも青息吐息。
経営は上半身主導で、下半身はそれに応じて自然成長する付属機能。できないほうがおかしい、、、
という思い込みや、現状から眼を逸らした逃避、先送り、無関心。
現場の汗は理解しているし感謝している。という免罪符のような言葉。
作業なのだから肉体的な負荷や苦労はあって当然、、、とは言えないので、労いの言葉でその場をやり過ごす。

物流部門への異動は左遷?
「物流に行って、基本からやり直してこい」
という上司は物流現場など全く知らない。
会社業務の基本は物流部門に所属すれば体得できるという意?ならばその上司はどうやって「基本」を身につけたのだろうか。
物流未経験者たちが物流戦略を決定する。
ほとんどの企業では経営層への登山道に物流部門経由のルートはない。

物流の機能強化を経営戦略に掲げ、人材投入・養成できる会社はエクセレント・カンパニーとしての条件を一つ増やしていると信じる。
例えば「ジャパネットたかた」のように。
現社長の経歴は素晴らしい。世襲は人選の結果でしかないはず。
聞きかじりながら、当然の人事であったと感じている。何よりも創業者である先代は血縁にこだわるような経営者ではなかったし、後継者を選ぶ過程で最後に残ったのがたまたま御子息だったと思っている。
こんな会社が増えると楽しい。長崎の丘上に居を構えるジャパネットたかたの本社前で車を止めて、広大な敷地に建つ社屋を眺めた過去を想い出しながら書いている。地元の雇用を支えている点でも最大の賛辞をおくる。

多くの企業にありがちな物流業務と現場設計のパッケージ化された常識と思い込み。
物流機器、什器、体裁の良い画面が連続する高額なWMS。
それを支配する本社の基幹システム。
作業員はマテハンや業務管理システムに翻弄され、違和感を口に出すことなく黙々と働く。
最新の何々。
効率的な何々。
経理、財務、仕入、在庫、受注から出荷までを一元管理し、企業内のモノと資金の流れにかかわる一連の業務を可視化。

そんなことが支障なく実現できている仕組みなど一度も目にしたことがない。
しかも3000万円以上かかったって、、、

泣けてくる。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム