物流よもやま話 Blog

本末転倒

カテゴリ: 経営

現場の人員配置は現状及第ではあっても、そこに安住せず追求し続けなければならないテーマの一つで、それは物流業務だけにとどまらない。
物流の場合には、入荷出荷の週月年の波動分析と日計総工数、延べ時間、作業者の複数能工化の進捗度によって必要総時間が算出でき、必要人員数が決まる。
よくあるのは、現状の仕入や受注の実態は検証無しで、いきなり物流現場の分析に取り掛かるパターンだが、すでに迷路を彷徨い始めている。
結論から言うと、現場を弄繰り回しても大して変わらない。
弄繰り回した事実だけが、努力として残るが、報われることはあまりない。
「物流は物理的な要素が大きくて、抜本的な改変は難しい。
 乱暴に急ぐと、お客様に迷惑がかかる」
が、常套句として締めの言葉になる。

本末転倒である。

お客様へのサービス向上とコスト転嫁の極小化のためにやるのである。
それを競争力と解している。
数日現場を止めてでもやり抜く覚悟がなければ、真の改善は不可能と考えていただきたい。
その間、顧客には不便をかけることになるが、余裕のある事前告知と丁寧な趣旨説明、再開後の顧客メリットを約束できれば理解は得られる。
休止期間の欠品防止策と緊急対応が備わった内容であれば、顧客へのしわ寄せは最小限に抑えられるはずである。
「ウチにとって何が得になるのか不明だし、いきなり来月下旬予定と言われても困る」
みたいな顧客の反発を生むような段取りは絶対避けるべきである。

併せて、仕入先とのルール改変にも絶好の機会なので、これは偉い方々の出番である。
顧客相手ならいそいそ出向く経営層、管理層ではあるが、仕入先にはそうそう足を向けない。
ここは是非訪問の上、発注から納品までの流れを仕入先全社共通事項として周知徹底する旨、腰を低くし頭を高くしながら依頼するべきである。
相談や伺いではなく決定事項への理解と協力願いでなければならない。もちろん日付入りで。

上が汗をかけば下は楽になる。上が汗をかけば下はキリット締まる。そりゃそうだろう。
単に楽をさせるのではない。
不要な戸惑いや猜疑がなくなり、課された仕事に没頭するのみの現場が出来上がる。

ミスや勘違いの言い訳は激減する。

以前よりタイトで厳格になったのに楽になる。
そういう事例は多い。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム