物流よもやま話 Blog

保管料相場の水門

カテゴリ: 予測

保管料の私見。
極めて独善的であり放埓・極論かもしれないが、記してみたい。

妥当な保管料単価をきちんと説明できる会社は少ない。
一般事業会社、物流関連会社ともに、まずわかっていない。
なので、他社の提示額や便利な「相場」という世間話や噂話の域を出ない偏向・無責任指数を引合いに出して見積作成する。
そもそもが根拠や裏付けなしの伝え聞き変数ゆえ、コロコロ変わるし、出自も不明なものばかりだ。
疑えばきりがないが、逆に根拠の責を負う必要もないので、気軽に口にできる。
多少高くても安くても「相場ですけどねぇ」で済むので便利極まりない。

近年、保管料相場は奇妙な水門の出現によって異常な水位を維持してきた。
水門の両側で大きく水位が異なる。言うまでもないが相場は水位の高いほうに迎合する。
現状の物流量・不動産需給の実態に即した保管料単価の割り出しは全く無視され、巨大な外資金融の投資と利回りの目論見によって、実状とはかけ離れた相場が形成されてきた。後追いながら国内不動産系の新設倉庫も似たような設定で募集を開始しているので、当面はこの状態が続くだろう。
外資の巨大ファンドに吊り上げられた相場に追随してぶら下がる国内資金。
嫌な記憶がよぎり、苦々しい感情が湧く一定以上の年齢層は少なくないはずだ。

私の見立ては以下のとおり。
2018年の後半あたりから倉庫稼働率の現状が露見しはじめる。
関東は東京五輪直前まで平均をとれば堅調を維持しそうだ。その他の各ブロックは幹線道路へのアクセスが確保されている内陸部の大規模倉庫以外は厳しい。
湾岸部に林立するメガ・ウエアハウスの実態と、3PL大手の苦境が晒されるだろう。
しかしながら現状の露見こそが、ファンド系や国内財閥系、大手専業会社の3PLの偽らざる望みではないか。
何故なら、各社限界を超えているからだ。
自身では言い出せないので、どうかリークして欲しい。
稼動5割未満の倉庫なんて、どうやっても赤字になる。
よほどの高単価荷主がひしめかない限り、稼動7割以下なら厳しいはず。

国内外の投資ファンドが国内の倉庫需要をクラスターの一つとして金融商品化してきた。
そしてファンドの宿命として、より有利な投資先への資金シフトも至極当然。
世界経済の停滞時には安定通貨。戦争や不安要素が強まれば強国通貨。
そして最優先は新興国通貨。
つまりは、日本の倉庫事業を純粋に支える資金など皆無に近かった。
投資原本と堅実な利回確保の条件に見合う国のひとつが日本であった。この十数年は。

水門が開いて両側の水位が均されたら、倉庫の保管料相場は下落する。
というか、下げても埋まらない床が恒常的に在るはず。
既存の倉庫業には一定の固定費があるので、ぎりぎりまで下げてでも荷を求める。
外資系ファンドは建物の償却期間が何年残っていようと、撤退時には損切りしてでも資金を引き上げ次の投資先へと向かう。
その際には、巨額の建設費をかけた真新しい倉庫が相場価格を下回る値で売却されるだろう。
購入した会社はその取引における一時の利を得るが、実は地盤沈下の一端を担いだに過ぎなかったとすぐに気付く。

国内物量は増えない。なのに倉庫の床面積は増えすぎてしまった。
事業会社は慌てて倉庫の手当てなどしなくてよい。

少し待つだけでいい。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム