物流よもやま話 Blog

違和感の有無

カテゴリ: 本質

良い現場と悪い現場の見分け方には幾つかある。

素晴らしい建屋と各種認証システムによるセキュリティ。
センサーによるLED照明の点消や空調コントロール。
デジタル管理されたマテハン。お金で買えるものを書き出したらたくさんある。
が、現場の良し悪しと設備のそれは必ずしも一致しない。
建屋を含む設備の充実を否定しているのではない。
むしろ羨ましいぐらいである。
倉庫内の従業員にとって、空調や照明、休憩所や食堂の充実は何よりの好遇だし、そんな環境を用意できていない雇用側の一人として、現場の人間には申し訳ないと内心で懺悔していた。
しかし、労働環境とは別に現場にはゼロ環境というのが重要で、それがあるかないかで仕事の仕上がりが大きく違ってくる。

庫内環境にとって最も重要で維持しなければならない基幹ルールは、「ゼロから始めてゼロで終わる」ということである。
面一が見通せる通路。棚上や壁際の「とりあえず逃がして」のない、もしくは不可抗力であり期限日時の入った一時的なイレギュラー状態。
始業時にそこをチェックし、終業時にも同じ巡回作業。
実務時間中にも異常はないかと見回り。

では、管理者は何を寄る辺として、現場を歩くのだろうか?

それは「違和感の有無」を確認するために、である。
良い現場では管理者が違和感を抱く場面が殆どない。つまりは管理者の現場環境観や業務理解に収まらなかったり、足らなかったりする場面がないからである。
ロジ・ターミナル風に表現するなら、「イメージ・スクリーンと違う状況がなかった」ということである。
悪い現場では巧妙なすり替えや虚偽の報告により、できない理由の説明が繰り返され続ける。
現場の視覚的判断でもそうであるし、ヒアリングすれば間違いなく「おかしい」となる。

管理者のこの気付きや戸惑いや猜疑の元は何なのか?
それは察知する違和感に他ならない。
ゼロから始めた仕事がゼロに戻らないかもという直感が働くなら、その現場は何も問題ない。

「物流の責任者として、君はおかしいと思わなかったのか?」
と問う経営層・管理層は多い。
では上記の質問者に問う。

「問題が起こるたびに諮問し、その内容の検証と判断と修正改善策を提出させることしかで
きないのですか?」

報告の後、対処判断と善後策の指示しかしていない、、、と自省すれば、随分と変わる。
経営が現場管理者同様の違和感をやり過ごさなければ、問題解決は難しくない。

やってみる価値はあると思います。
取締役ご一同様。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム