物流よもやま話 Blog

  • うちの倉庫はダメだよな【3】

    カテゴリ: 余談

    【商品部からの指示】

    昨日の夕方に商品部の仕入担当者からメールが届いていた。
    「X社***-01の販促協力添付品の入荷処理について」という表題の長い文章だったが、要は値引き代わりの添付入数を簿外処理するようにということだ。
    同一品が11ケース入庫するが10ケースしか入荷処理してはならない。

  • うちの倉庫はダメだよな【2】

    カテゴリ: 余談

    【営業部からのクレーム】

    また営業からクレームだ。
    P社への誤出荷らしい。今月に入って二回目だ。
    一回目は入数不足だった。今回のは品番違い。
    アナログ作業でのバラ出荷だから完全に防げないのが実情なのだが、それは禁句だ。

  • うちの倉庫はダメだよな【1】

    カテゴリ: 余談

    物流業務はクレーム業務と言い換えてもよいほど、何らかのミスが付いてまとう。
    「今月はノーミス・ノークレームだった」なんていう言葉を吐ける倉庫会社や自社物流部門はめったにない。というより「ほんとうは」皆無に近いだろう。

  • 届いたマスク・届かないマスク

    カテゴリ: 余談

    あんまり書きたくなかったが、内輪から何度か催促されたり、「それにしても届かないなぁ」と個人的にも首を傾げたり。
    だったので、ちょっとだけアベノマスクのハナシを、、、
    だけではなく、その後の検品にまつわるあれこれまで、の今回である。

  • BCP再考「そして夏がやってくる」

    カテゴリ: 余談

    まもなく過酷な夏季となる。
    都市部では耐え難い高温と高湿がほぼ24時間途切れることなく長期間続く。
    さらに台風やそれに等しい猛烈に発達した低気圧などがもたらす風水害。
    例年のことなので、すっかり慣れて、、、なわけない。
    自然の脅威は我々の想定と備えをことごとく上回り、さまざまな災害をもたらして、爪痕ともいえる惨状を残したまま去る。

  • はじめての現場作業

    カテゴリ: 余談

    物流会社に入社もしくは一般企業の物流部門に配属され、最初の現場研修は何でしたか?
    という質問をすれば、該当者のほぼ全員が即答で明確に返事をするのではないだろうか。
    あれから〇〇年。。。今や惰性と退屈の毎日。
    などということはないに決まっている。
    事の初めはそりゃもう一所懸命で真面目に無我夢中だったはずだ。
    きっと、たぶん。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム