物流よもやま話 Blog

  • 自動運転と物流業界

    カテゴリ: 予測

    今回は派生記事である旨、先にお断りしておく。
    現在執筆中の寄稿予定原稿から一部抜粋、補足して書いている。

    もはや自動運転の進化と普及は足踏みすることなく拡がり、万人が違和感を抱くことなく社会に浸透するだろう。
    運転の補助機能から完全無人化に向けて、技術や環境そして法整備までが着々と進んでいる。

  • 物流規格と技術輸出

    カテゴリ: 予測

    物流拠点は少ない方がいい。
    理想は一拠点ですべてまかなうこと。
    そう主張し続けてきた。
    複数拠点間の在庫管理、人員管理、品質管理、などの平準化には困難が付いてまとうし、運用コストは拠点数に比例して歩留まりが悪くなってゆくからだ。
    とりわけ、中小企業の自社物流なら直感的に「多拠点は悪」と判断することがほとんどで、実際にコスト比較のシミュレーションを行えば具体的な根拠が得られる。
    最初の直感は正しかった、という結果に終わるだろう。

  • 新築倉庫と祭りのあと

    カテゴリ: 予測

    いまさらではあるが、近年建築された大型倉庫についてのハナシである。
    REIT( real estate investment trust、リート:不動産投資信託)やら投資法人云々の説明や現状はさておき、もっと原始的で単純な懸念というか疑問を抱いてきた。
    それは回収期間についてだ。
    もちろん一概には言えないということも心得ている。

  • 保管料相場の動向「開く水門」

    カテゴリ: 予測

    巨大ファンドの内陸型倉庫建設着工のピークが過ぎようとしている。
    おそらく竣工ラッシュを迎える2年後以降には、国内大手ディベロッパー以外の開発案件は激減するはずだ。
    あくまで私見だが、そろそろ保管料相場の高止まり幻想が消え去るのだと感じている。
    現状の市場環境に一喜一憂することなく、潤沢な資金で長期的展望と計画のもとに粛々と開発を手掛ける国内の旧財閥系をはじめとする数社以外は、実態の賃料相場や空室率の動向を注視しつつ、近づく潮目の変化を探る

  • EC与信「購買行動の履歴」

    カテゴリ: 予測

    冒頭からいきなりで恐縮だが、まずは以下をご覧いただきたい。
    図表化せずにテキストでの説明なので、見比べにくい点は前もってお詫びしておく。

    (購入者A)
    ■決済方法:クレジットカード、電子マネー、銀行・郵貯振込、代引き、後払い
    ■配送料金:300円
    ■再配料金:無料(初配から14日以内)
    ■配送日時:指定可能。配送日時お任せ(複数から選択)割引あり(▲150円)
    ■受取方法:選択可能。受取方法お任せ(複数から選択)割引あり(▲150円)

  • みんなの記号;物流業務の規格化

    カテゴリ: 予測

    「 ¬ 」
    この記号をご存じだろうか?
    ややこしい並びになってしまっているが、鉤括弧の中にある¬を指して問うている。
    「縦書きの時の「」の上側にくるやつ」とかではなく、横書きの際にも使うらしい。

著者プロフィール

永田利紀(ながたとしき)
大阪 泉州育ち。
1988年慶應義塾大学卒業
企業の物流業務改善、物流業務研修、セミナー講師などの実績多数。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム