物流よもやま話 Blog

  • 保管料相場の動向「開く水門」

    カテゴリ: 予測

    巨大ファンドの内陸型倉庫建設着工のピークが過ぎようとしている。
    おそらく竣工ラッシュを迎える2年後以降には、国内大手ディベロッパー以外の開発案件は激減するはずだ。
    あくまで私見だが、そろそろ保管料相場の高止まり幻想が消え去るのだと感じている。
    現状の市場環境に一喜一憂することなく、潤沢な資金で長期的展望と計画のもとに粛々と開発を手掛ける国内の旧財閥系をはじめとする数社以外は、実態の賃料相場や空室率の動向を注視しつつ、近づく潮目の変化を探る

  • EC与信「購買行動の履歴」

    カテゴリ: 予測

    冒頭からいきなりで恐縮だが、まずは以下をご覧いただきたい。
    図表化せずにテキストでの説明なので、見比べにくい点は前もってお詫びしておく。

    (購入者A)
    ■決済方法:クレジットカード、電子マネー、銀行・郵貯振込、代引き、後払い
    ■配送料金:300円
    ■再配料金:無料(初配から14日以内)
    ■配送日時:指定可能。配送日時お任せ(複数から選択)割引あり(▲150円)
    ■受取方法:選択可能。受取方法お任せ(複数から選択)割引あり(▲150円)

  • みんなの記号;物流業務の規格化

    カテゴリ: 予測

    「 ¬ 」
    この記号をご存じだろうか?
    ややこしい並びになってしまっているが、鉤括弧の中にある¬を指して問うている。
    「縦書きの時の「」の上側にくるやつ」とかではなく、横書きの際にも使うらしい。

  • 今月はEC物流特集 ‘ 次世代のEC物流 ’

    カテゴリ: 予測

    過去に何度か「もし自分がECをするならどんなジャンルを選ぶだろう」
    と考えたことがあった。
    趣味性の高い専門的な商材でやってみたいと思った。
    たくさんは売れないが、生活できる程度の収入になればよいと願い起業するに違いない。
    幸いなことに入荷から発送までの業務は全部自前でできるので、そこはかなり倹約できる。

  • 宅配とコミュニティ

    カテゴリ: 予測

    時間のある元気な高齢者が増えることで、昭和の時代には随所にあった「荷物預かり所」や「コインロッカー」の類似サービスが再増すること必至と感じる。
    ただし、預ける者と受け取る者が別人というところが、終わりを迎える平成と次の元号の時代を象徴している。
    個配全体というより宅配についての傾向としてであり、

  • 個配サービスの “ たとえばきっと ”

    カテゴリ: 予測

    個配便の今後について、自分なりの予想や仮想や夢想を記しておきたいと思っていた。
    物流リアルにも数社から「個配便の今後」に関連するいくつかの質問投稿をいただいており、丁度良い機会だった。
    独善的で偏向とお感じになる部分もあるとは思うが、一個人の独り言として気楽に読んでいただきたい。

    巷で論じられているとおり、二極化は急速に進む。
    勝手な名称を付ければ「一方通行配送」と「相互通行配送」のような。
    ここでいう「通行」とは情報と行動を意味している。

著者プロフィール

永田利紀(ながたとしき)
大阪 泉州育ち。
1988年慶應義塾大学卒業
企業の物流業務改善、物流業務研修、セミナー講師などの実績多数。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム