物流よもやま話 Blog

  • 経営の隠針「現場の底力」

    カテゴリ: 経営

    年々少なくなる事例ではあるが、アナログな物流現場のハナシを書いておきたい。
    「そうせざるを得ない」「業界の諸事情」「商材がデジタル化となじまない」などの現状を憂い疑いながらも受入れ続ける企業は多い。

  • 【EC与信】購買行動の履歴

    カテゴリ: 予測

    冒頭からいきなりで恐縮だが、まずは以下をご覧いただきたい。
    図表化せずにテキストでの説明なので、見比べにくい点は前もってお詫びしておく。
    (購入者A)
    ■決済方法:クレジットカード、電子マネー、銀行・郵貯振込、代引き、後払い
    ■配送料金:300円
    ■再配料金:無料(初配から14日以内)
    ■配送日時:指定可能。配送日時お任せ(複数から選択)割引あり(▲150円)
    ■受取場所:選択可能。受取場所お任せ(複数から選択)割引あり(▲150円)

  • みんなの記号;物流業務の規格化

    カテゴリ: 予測

    「 ¬ 」
    この記号をご存じだろうか?
    ややこしい並びになってしまっているが、鉤括弧の中にある¬を指して問うている。
    「縦書きの時の「」の上側にくるやつ」とかではなく、横書きの際にも使うらしい。

  • 破顔一笑「大いなる手抜き」

    カテゴリ: 本質

    日本文化の「様式美」は我々の暮らし方やものづくりなどの根底に流れている。
    極限まで削り、排し、除すことで「最小と最少」に至ってよしとする美意識は貴い。

    「いったい、なんのハナシやねん?」と

  • 無転嫁物流「三つの約束」

    カテゴリ: 信条

    商流という言葉は物流以上に、若い方々にはもはや馴染みなく常用外の言葉なのかもしれないが、前世紀では多用されていた。
    ビジネスレターや経済記事、日常の業務会話や商談などでも頻出する単語の一つだったし、取引の始まる前には最初に確認される事項でもあった。

  • 倉庫の引越し「空飛ぶ床」

    カテゴリ: 実態

    先月告知したとおり、GW前に本社機能を移転した。
    新オフィスは期待以上に快適。
    ゆっくりとした柔らかい空気の中で働くことのありがたみをかみしめている。

    が、もう引越しはしたくない。
    という強烈な後味のような印象が今も生々しく残っている。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム