物流よもやま話 Blog

  • 暮れの繁忙とドライバー不足

    カテゴリ: 実態

    国内の大消費地で個配業務に勤しむ人員は一定の確保ができているし、今後も需給関係は安定して推移するので心配無用。高齢化と若年層の就業不調によって絶対必要数割れの苦境が続いているのは、都市間や拠点間を結ぶ幹線輸送を担う職業ドライバーなのだ。
    それをもって物流危機やら2024年問題と騒いでいるようなので、議論を絞って事の核心をつけばよい。あたえりまえだが簡単ではないし一朝一夕に安定・適当とはならないだろう。

  • 重いコンダラ、いい日旅立ち

    カテゴリ: 本質

    谷村新司氏逝去。
    記憶のアルバムに付されたインデックスのような数々の曲。あなたの歌声は私の中学生時代の出来事や思い出の中に流れるBGMです。
    そしてヤンタンでは、おなかが痛いほどの爆笑話やエピソード、今や伝説化されている「重いコンダラのコーナー」など、名パーソナリティとしてのあなたも大好きでした。

  • 午前休の理由は「子供の運動会」

    カテゴリ: 実態

    実は物流業界でも発表会的イベントは減少の一途である。
    倉庫内での各種業務統計の優秀者表彰や、ドライバーズコンテストなどは、ひと昔前に比して激減しているだけでなく、開催規模が縮小している。
    何よりも参加者の意気が盛り上がらない。

  • ほしい物リストとベランダ置き配

    カテゴリ: 余談

    半自動・完全自動運転の車両が汎用化すれば、買い物自体の形態や行動が変わる。購買行動が変われば物の運び方も変わる。能動的な受領――BOPISやC&Cの浸透と進化はより拡がりと付加サービスの充実を見せるはずだし、受動的な受領――現状の主たる個配受け取りの形態も人員やコストの課題克服のために変容せざる得ない。
    さらに進んで、置き配は玄関ではなくベランダに。路面走行EVではなく個配専用の大型ドローンがすっかり普及し、門扉・玄関やエントランスホールまで行かずとも受領できる。

  • いつか来た道とならねばよいが

    カテゴリ: 予測

    3か月ほど前に発表された「ヤマト、メール便配達を日本郵便に移管 ネコポスも」の記事。

    上記ニュースを目にした時に漏れ出た独り言は「いつか来た道ではないのか」だった。
    同じような思いを抱いた業界人は多いかもしれない。
    私に限らず、脳裏に浮かんだ寄る辺なさは「日通、宅配便から撤退 統合計画が破談」という14年前の出来事に由来しているのだと思う。

  • 増える連休、増えない出荷

    カテゴリ: 信条

    またもや3連休、という読者の方も多かったであろう前週。
    今年のカレンダーを見返してみれば、1月・5月・8月・12月以外で3連休や狭間の平日に有給取得すれば4連休となったケースが6月を除くすべての月である。残る10月と11月も同様だ。
    国策として連休を増やしているのは承知している。しかしながら新卒時にはまだ隔週週休2日があたりまえだった最後の昭和世代としては隔世の感を禁じえない。

著者プロフィール

永田利紀(ながたとしき)
大阪 泉州育ち。
1988年慶應義塾大学卒業
企業の物流業務改善、物流業務研修、セミナー講師などの実績多数。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム