物流よもやま話 Blog

  • 在庫差異の不思議

    カテゴリ: 実態

    ずいぶん前から怪訝で理解しがたい想いを抱き続けていることがある。
    それは物流現場と本社などの管理部門の在庫差異の処理の仕方だ。
    「いいのかそれで?」という事例がたくさんある。
    中でもマスター(本社)とローカル(物流現場)の在庫データ差異をどう処理するかについては、相当数の企業で乱暴ともいえる作業が行われている。

  • 企業内に物流専門職が必要な理由

    カテゴリ: 経営

    掲題はロジ・ターミナルの核ともいえる最重要事項。
    それは事業会社にとって絶対に有益であるという確信のもとに主張している。
    「サービス」のページにその内容があるが、補完する意図も含めて、詳しく説明していない部分について書いてみたい。

  • 物流倉庫見学会「参加者の本音」

    カテゴリ: 実態

    昔取った杵柄。
    なんていう言葉を思い浮かべながら書いている。
    今回は全国多数の物流会社が実施する「倉庫見学会」についての一席。
    実は、物流リアル〈本気のQ&A〉の質問投稿フォーム経由で数社からご質問いただいているのだが、あのコーナーにはなじまないので、今回の記事で回答を兼ねてつづりたいと思う。

  • 物流委託と自社物流

    カテゴリ: 経営

    物流業務は企業によって内容に差があるものの、外部委託が主流である。

    配送を自社でしようと思わないことと同様に倉庫業務も自社でする気はない。
    倉庫と作業人員確保に費やす労力はないし、売ること以外にエネルギーを散らしたくない。
    人手不足や長時間労働が問題になる物流や製造業の難題に足を突っ込む気はないし、既存スタッフの負担を重くしたくない。

    そんな会社が多い。
    特にEC専業では圧倒的多数を占める。

  • One on OneとSide by Side

    カテゴリ: 信条

    掲題の言葉はロジ・ターミナルの行動規範。
    バスケットボールやレーシングシーンとニュアンスが異なるのは、競ったり、抜き去るために対面したり並走するのではないという意で用いているからだとご理解いただきたい。
    物流専門職養成プログラムの根底には「対面会話」「並走して次へ」という不文律がある。
    私がくたばった後、あとを継ぐ者がいるとしても、それは変わることがないと信じている。

  • ロジ・ターミナルとフォーチュンクッキー

    カテゴリ: 余談

    掲題であきらかですが、今回は完全に余談であります。
    物流のかしこまった技術論や方法論のハナシは一切出てきませぬ。
    なので物流情報収集目的の方々はスルーしてください。
    ただの「自己流よもやま話」です。
    昨年の勤労感謝の日以来、久々の雑談・余談の回としますので、読前にご了承を。

著者プロフィール

主筆 T_NAG
大阪 泉州育ち。​
1988年 慶應義塾大学卒業。
しかし、ボンボンでもイケメンでもない。

失敗や挫折の数なら、世界規模の自慢大会に出ても結構いい線行くのでは?
と自画自虐しています。

映画と音楽と小説が大好き。
カメラは人生の伴侶みたいなもの。昔は車マニアでしたが、最近は楽にドライブできることが最重要。なので、燃費と快適性が車選びの基本に。

泥臭い努力型の典型なので、弁舌鋭いキレキレな遣り取り、とかは無理です。

【仕事の自慢】
「取引する企業は必ず業績が良くなる」
​何にも替えがたい喜びです。

【好きな言葉】
「粗にして野だが卑ではない」
​絶対に曲げることのない信条です。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-979-7400

営業時間 平日 9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム