物流よもやま話 Blog

  • タテヨコ・チョウタン・イッツウリョウガワ

    カテゴリ: 本質

    現場のゆゆしき問題のひとつに動線の設計や規定がある。
    庫内自動化の前提条件となる利器類導入についても、動線の基本設計無くしては不可能だ。
    過剰供給された新築倉庫の広大な床面積のおかげで、過去には叶いようもなかった横動線の実現があちこちの現場で行われているようだ。
    すなわち、見目麗しく、立て板に水を流すような業務フロー説明が可能となるわけだが、必ずしも口上どおり事が運ばぬことなど、玄人ならも誰しもが想うところだろう。

  • 年のはじめに想うこと

    カテゴリ: 信条

    本年もよろしくお願い申し上げます。
    と、明けて7日もたってから書くのはかなり間が抜けているような気がするが、前回掲載が大晦日だったのでこうなってしまう。例年通り平々凡々な年末年始を過ごしたので、お知らせするオモロイ出来事も皆無のまま仕事始めに至り、今日の初稿となっている。

  • エンドクレジット2021

    カテゴリ: 本質

    昨年最後の掲載はクリスマスだったが、今年は大晦日となった。
    一年間を経た今日も、疫災収束の目途は立たず、マスクと人流抑制の欠かせぬ日々を強いられたまま世界中の人々が越年の時を迎えようとしている。
    それゆえなのか、締めくくりというより暦に合わせての文言を並べているだけという感が強いのは、世間一般に通じる様のようだ。

  • CCやBCCの‘しかるべき顔ぶれ’

    カテゴリ: 余談

    掲題に従って書き始めようとしたら、掲載日である本日はクリスマスイヴであることに気付いた。無宗教であるため祈りを捧げたり、厳かな気持で過ごすこともないが、各家庭や往来に笑顔や歓声があふれる夜であって欲しいと願っている。
    金曜日という暦の巡り合わせも気が利いていてよいではないか。

  • ブルブルやらグラグラやらで落ち着かぬ

    カテゴリ: 実態

    いやはや本格的に寒くなってきた。
    特に今週は朝の冷え込みが厳しくなって、場所によっては氷点下かその間際まで気温が下がっているようだ。この分だと路面凍結や濃霧による視界不良が事故につながることも多くなるので、走行時間帯やルートの調整が可能ならば、是非とも工夫してほしいと願う。

  • エネルギーとモーターとエンジンと

    カテゴリ: 信条

    次に買い替える車はEVかFCVになるだろう、と自分に言い聞かせるようにしていたのだが、やはり水素燃料の可能性を捨てきれない。
    つまり、モーターではなくエンジンの載った車を運転したいのだ。
    合理的な理由などなく、単なる好みのモンダイである。

著者プロフィール

永田利紀(ながたとしき)
大阪 泉州育ち。
1988年慶應義塾大学卒業
企業の物流業務改善、物流業務研修、セミナー講師などの実績多数。

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

お問い合わせ Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム